東京のクリニックで埋没法を受けた体験

自分の目にコンプレックスを抱いていました

埋没法 東京埋没法による二重まぶた整形 | 美容整形は東京美容外科

思春期の10代の頃からずっと自分の目にコンプレックスを抱いていました。
私の目は一重で、初対面の人にきつい印象を与えてしまうからです。
周りの友人のほとんどが二重まぶただったので、すごく羨ましいと思っていました。
高校生くらいの時期は、自分の一重を二重にするためにアイプチなどを利用していました。
しかし、時間がかかる上に毎日のことですごく面倒だと思うようになっていったのです。
また、アイプチだと皮膚にダメージを与えるので、乾燥が気になるようになりました。
その結果、美容クリニックで二重まぶたの整形施術を受けることを次第に考えるようになりました。
まずは、ネットで東京にある評判のいいクリニックを手当たり次第に探し始めることにしたのです。
整形は適当にクリニックを選ぶとトラブルが起こるかもしれないので、慎重にクリニックを吟味していました。
色々なクリニックのホームページを閲覧した結果、二重まぶたの施術方法などを丁寧に説明しているクリニックを見つけました。
他のクリニックのホームページよりも分かりやすくて症例も多くて、ここなら信頼できるかもと感じたのです。
それで、電話でカウンセリングの申し込みをして、実際にクリニックに伺うことにしたのです。

自分の目にコンプレックスを抱いていました二重まぶたにする色々な方法もっと早く二重にすればよかった